砂漠で遊ぶ。地球と遊ぶ。

FEB 15, 2022

杉原裕明さん インテリアデザイナー〈インタビュー〉 砂漠で遊ぶ。地球と遊ぶ。

FEB 15, 2022

杉原裕明さん インテリアデザイナー〈インタビュー〉 砂漠で遊ぶ。地球と遊ぶ。 砂漠に魅せられた男がいる。インテリアデザイナーの杉原裕明さんだ。きっかけは大学3年生のとき、当時住んでいたアパートの下にあった喫茶店で見た週刊誌だった。パラパラとページをめくると、砂漠を激走するクルマの写真が目に飛び込んできた。クルマで砂漠、走れるの!? まさかその10年後、世界一過酷なモータースポーツ競技といわれているパリ-ダカール・ラリー(現在はダカール・ラリー)に出場し、アフリカの砂漠に挑み、クラス優勝するなど知る由もない。




パリ-ダカへの想い、原点は小学5年生で覚えたクルマの運転

世界を相手に活躍するインテリアデザイナー、杉原裕明さんは40年のキャリアを持つベテランだ。生まれは瀬戸内海に浮かぶ淡路島。人生の大半を兵庫県で過ごしているにもかかわらず、関西弁ではなく標準語を操る。ダンディな風貌と相まって、とてもとても砂漠で砂まみれになるようなお方には見えない。なにゆえ杉原さんは砂漠に、パリ-ダカ*1に魅せられたのか? その疑問を晴らすためには、時計の針をかなり巻き戻す必要がある。


クルマの運転は小学5年生のときに覚えました。父親に廃車寸前の軽自動車を与えられ、野っ原を走り回っていたのですね。おおらかな時代の話だし、もう50年以上も経っているので時効でしょう(笑)。クルマの運転に慣れてくると、ついついスピードを出したくもなる。路面は土。当然、ハンドルを切るとタイヤがスリップして、走行するラインがどんどん外側に膨らんでしまう。そんなとき、滑ってる方向とは逆側にハンドルを切ると、横滑りが抑えられることを自然に学んだんですね。(杉原さん)


これは逆ハンドル(逆ハン)、もしくはカウンターステアというテクニック。レースの世界では当たり前のように使われるテクニックだが、まだ免許もない小学5年生のときにこのテクニックを体得したとは驚きだ。その甲斐もあり(?)、中学生になると乗り回すクルマは軽自動車から1,600ccの乗用車にランクアップした。


*1 パリ-ダカール・ラリー:砂漠や山岳地帯などを走り、総合タイムを競う、世界的な自動車ラリー競技大会。通称「パリ-ダカ」。1979年に創始し、当初はフランスのパリからセネガルのダカールまでを走破することから、「パリ-ダカール・ラリー」と呼ばれていたが、アフリカの治安悪化により、2009年から南米大陸に舞台を移し、現在は「ダカール・ラリー」と称される。


インテリアデザイナーの杉原裕明さんインテリアデザイナーの杉原裕明さん




あるデザイナーとの出会いが人生を変えた

杉原さんの実家はペンションを経営しており、将来は2代目として継ぐことに何の疑問も抱いていなかったという。高校は簿記を学べるからと実業高校に進学。卒業後は京都の料亭で修業するというレールが敷かれていた。


そんな折、ペンションを改装することになり、大阪からインテリアデザイナーが打ち合わせにやってきた。ロン毛に髭(ひげ)という風貌に、杉原さんはやられた。


カッコイイ! と思ったんですね。猛烈に憧れました。その方は鈴木さんとおっしゃるのですが、「どうしたら鈴木さんのようになれますか?」と質問したら、「大阪芸大に進学して設計事務所に就職すればいい」と教えられました。翌日、学校に行って「大阪芸大に進学したい」と先生に相談すると、「ウチは実業高校だから大学の資料なんてないよ。ちなみに何科? デザイン学科!? 杉原君、競争率23倍だよ! 厳しくないか...」。


ショックでした。でも、「とりあえず絵を描いて持って来なさい」と言われたので、徹夜で絵を描きました。翌日、描き上げた絵を持って行くと、パッと見て「キミ、無理だよ」のひと言。家出しました。(杉原さん)


杉原さんが向かった先は、大阪。鈴木さんのデザイン事務所を探し出し、「働かせてください!」と直談判したのだ。ただ事ではないと察した鈴木さんは、淡路島の家に戻ることを条件に、月に1回、絵の指導をすることを約束。それから半年、杉原さんは大阪に通った。


描いた絵を鈴木さんに見せても、具体的な指導はなかったという。「もっと自然を感じろ」といった抽象的な意見しかもらえなかったそうだ。そして高校3年生の12月、大阪芸術大学デザイン学科の全免試験、つまり特待生試験を受験することになる。与えられた課題の絵を5時間で描き上げるのだが、杉原さんは絶望した。周りのレベルが高すぎて、到底無理と思えたのだ。鈴木さんが具体的な指導をしてくれなかったのは、指導するレベルに達していないため。それを理解させるために全免試験を受けさせたのだ......と杉原さんは悟った。


それでも杉原さんはくじけなかった。「2月に一般の入学試験を受けさせてください。それでダメなら潔く諦めます」と両親を説得。ハードな練習の部活動(剣道部)を続けながら、徹夜で絵を描き続けること2カ月。試験に臨んだ杉原さんは、奇策とも思える黒を基調とした絵を描いた。他の受験生が描く絵とは別のベクトルで挑んだのだ。結果は合格。予備校にも通わず、大阪行きの切符を手に入れた。


杉原さんの話が面白く、インタビューは3時間も続いた杉原さんの話が面白く、インタビューは3時間も続いた




大学、就職、起業......、目の前にパリ-ダカが現れた

晴れて大阪芸大生となった杉原さんは、1人暮らしを始めた。大学時代にも面白いエピソードがたくさんあるのだが、パリ-ダカとの出合いを語らずにはいられない。


当時住んでいたアパートの下に喫茶店がありましてね。貧乏学生だからコーヒーしか頼めないんですよ。でも、そこのお母さんがいい人で、ちょくちょくごちそうしてくれて。......で、何げなく置いてあった「週刊プレイボーイ」を手に取ると、砂漠を走るクルマの写真が目に飛び込んできたんですよ。衝撃でした。なんでクルマで砂漠を走れるんだろう。もう、いろんな想いが頭の中を駆け巡りました。(杉原さん)


とにかく大学を卒業したら東京に行く。そう決めた杉原さんは、5社の就職試験を受けた。そのうち、東京で働かせてくれるデザイン事務所は1社のみ。採用されるのは100名のうちの5名という狭き門だ。この就職試験に、杉原さんはジーパンで臨んだ。


常識がなかったんですね。周りを見渡すとみんなスーツ姿で、ジーパンは僕だけ。持参した作品も僕だけA全を5枚。みんなA4のファイルにまとめているのに(笑)。面接官には「こんなに持ってきたの? スーツは?」と言われる始末。「就職が決まったらスーツを買います!」と答えたら、なぜか採用されました。(杉原さん)


よほど何かやらかす大物と思われたのだろう。こうして杉原さんは東京で働くことになる。でも、たった2年で会社を辞めた。


目指すデザインの方向性が違ったんですね。24歳で独立。起業しました。渋谷区の神泉、山手通り沿いに事務所を借りたんですけど、最初の1年は仕事が取れなくて......。どうにかコンペで勝って、とあるイタリアの案件を受注しました。そこから3年くらい、寝ないで働きました。そんなある日、事務所のそばにバイク店があることに気がついたんですね。ふと立ち寄ると、茶色く汚れたTシャツが額に入れて飾ってあったんです。店主に尋ねると、「パリ-ダカで着たTシャツだよ」と。大学生の時に見た週プレをすぐに思い出しました。 コレだ!!(杉原さん)


砂漠、砂紋......。普通の思考回路では、ここをクルマで走破できるとは到底思えない砂漠、砂紋......。普通の思考回路では、ここをクルマで走破できるとは到底思えない


そのバイク店は国際的なラリーストでもある浅賀明さんのお店だったのだ。小学生でカウンターステアをマスターし、大学時代にパリ-ダカを知り、社会人になってからパリ-ダカに出たことがあるラリーストと出会う。運命的なものを感じずにはいられない。


その日は感動して3時間くらい話し込みました。もう、そこからパリ-ダカ一色ですよ(笑)。家に帰ってかみさんに相談したら「やってみたら」の一言。これ幸いとばかりに翌日も浅賀さんのお店に行って、「パリ-ダカに出るためには、どうしたらいいのか教えてくれ!」と詰め寄りました。(杉原さん)


そこまで杉原さんが憧れたパリ-ダカとは何なのか? パリ-ダカール・ラリーはフランス人の冒険家、ティエリー・サビーヌが発案したラリーレイドで、例年1月に開催。世界一過酷なモータースポーツともいわれている。1979年が初開催で、フランスのパリをスタートし、セネガルのダカールがゴール(アフリカのみで開催の年もあり)。およそ1万2,000キロを2週間程度で駆け抜ける。




膨大な出費。生活が一変した

四輪、二輪、カミオン(トラック)がアフリカの大地に挑むが、完走率が5割以下というのも珍しくなく、死者が出ることすらある。日本からは三菱自動車やトヨタ、日産が、海外勢ではポルシェやプジョー、シトロエンがワークス*2として参戦していた。1990年前後からアフリカの治安悪化により、地雷による事故、テロ組織等による強盗、銃撃事件が多発。それでも続けられていたが、2008年に全区間の開催が中止され、2009年には舞台を南米のアルゼンチンとチリに変更。以降、ペルーが開催国に加わるなどしたが、2020年からはサウジアラビアで開催されている。


そんな過酷なラリーレイドに、杉原さんは魅せられてしまったのだ。四輪でエントリーするためにはライセンスの取得、ドライバー、もしくはコ・ドライバー(ナビゲーター)の獲得、ラリーカーの製作などなど、膨大なタスクをこなさなければならない。必要な資金はプライベーター*3でもウン千万円、ワークスともなれば億単位となる。パリ-ダカに出ると決めてから、杉原さんの生活は一変した。


まず、ベース車両を買いました。浅賀さんに相談したら、「完走狙いならランドクルーザー70、クラスでトップ争いしたいならランドクルーザー80」と言われたので、ハチマル*4を。それから猪突猛進です。毎日、9時から14時まではスポンサー集めに奔走し、14時から19時まではデザインの仕事をして、19時から23時まではラリーカーの製作。23時から翌5時まで事務所に戻って仕事。睡眠時間は約2時間。その繰り返しです。(杉原さん)


*2 ワークス:レース関連用語。自動車メーカーなどが自己資金でレース活動を行う団体およびチームのこと
*3 プライベーター:レース関連用語。スポンサーのついていないチームおよび個人のこと
*4 ハチマル:ランドクルーザー80


1990年12月29日、パイオニア パリ~トリポリ~ダカール1991はパリをスタートした。杉原さんはチームGGAの1号車(写真左、車両ゼッケン♯360)、コ・ドライバーとして参加した1990年12月29日、パイオニア パリ~トリポリ~ダカール1991はパリをスタートした。杉原さんはチームGGAの1号車(写真左、車両ゼッケン♯360)、コ・ドライバーとして参加した




憧れの地、アフリカへ

そんな苦労を乗り越え、1990年12月、杉原さんはパリに渡った。紆余曲折を経て、パリ-ダカ参戦10年のキャリアを持つ横田紀一郎さんが監督を務めるチームGGAの一員としてエントリーしたのだ。ドライバーは浅賀明さんの兄、浅賀敏則さん。杉原さんはコ・ドライバーだ。


この年の出走台数は406台。アフリカ・ステージの出走順を決める予選は、100位以内が目標でした。それを超えると、タイムオーバーになる可能性が高くなるので。結果は予選107位。微妙なラインです。パリから南へ約400km、クレルモン・フェランで予選が行われたのですが、当日は雨。路面はグチャグチャです。我々はプライベーターなので砂漠用のタイヤしか用意できず、まともに走れなかったのですね。(杉原さん)


マルセイユからフェリーに乗り1,200km。アフリカ・ステージはリビアからスタートしたマルセイユからフェリーに乗り1,200km。アフリカ・ステージはリビアからスタートした


波乱の幕開けとなったが、アフリカに渡ってから杉原さんは類稀(たぐいまれ)なナビゲーション・スキルを発揮した。


コ・ドライバーは主催者から渡されたナビゲーションマップ、日めくりカレンダーみたいなコマ図を見て、その情報をドライバーに伝えて、ラリーカーの進むべき方向、アクセルやブレーキのタイミングなどを指示するのですが、コース全体を俯瞰(ふかん)できるようになったのです。


インテリアデザイナーは鳥瞰図を描くので、例えば南へ何キロ、次に東へ何キロ進むのであれば、ここでショートカットできる! みたいなことが、頭の中で計算して分かったのですね。その推論を確論にするため、ラリーカーを砂丘の上に止めて地形などを分析。思い描いた方向にラリーカーを走らせると、見事にショートカットできたのです。順位は一気に60位ぐらいまで上がりました。(杉原さん)


(写真左)ナビゲーションマップの1ページ。その日の移動距離や区間距離、方角、注意事項などが記されており、コ・ドライバーはこの情報をドライバーに的確に伝えてラリーを進行するわけだ。ちなみに、1日分のナビゲーションマップは数百ページに及ぶ。(写真右上)ラリー3日目、ガダメス~イドリ間の風景。(写真右下)ディルクール~ゴソロロ間を疾走するランドクルーザー80(写真左)ナビゲーションマップの1ページ。その日の移動距離や区間距離、方角、注意事項などが記されており、コ・ドライバーはこの情報をドライバーに的確に伝えてラリーを進行するわけだ。ちなみに、1日分のナビゲーションマップは数百ページに及ぶ。(写真右上)ラリー3日目、ガダメス~イドリ間の風景。(写真右下)ディルクール~ゴソロロ間を疾走するランドクルーザー80


パリを1990年12月29日にスタートし、マルセイユからアフリカのリビアに渡ったのが翌年1月2日。1月6日にニジェールに入り、1月9日、ニジェール北部最大の都市、アガデスで休息日を迎える。


アガデスからゴールのダカールまでは僅差でした。トップ10位内のタイム差は1分もなかったと思います。この頃になると我々はトップタイムを叩き出すこともあり、ワークス勢からマークされる存在にまでなっていました。だから大変でした。目の前でブロックされたり、後ろからプッシングされたり......。(杉原さん)


ワークスチームは2~3台エントリーするのが一般的で、いわゆる1号車にエースドライバーが乗っている。エースドライバーを勝たせるために、チームオーダーとして2号車、3号車のドライバーは反則スレスレのフォーメーションを組むのだ。


後半、あのバタネンを抜きましたからね。(杉原さん)


アリ・バタネン。フィンランド出身のラリードライバーで、1981年の世界ラリー選手権(WRC)でドライバーズチャンピオンを獲得。1987年に活動の場をバリ-ダカに移し、4度も総合優勝を遂げた名ドライバーだ。


コ・ドライバーといっても、時にはハンドルを握ることもある。杉原さんは全行程の3~4割程度、ラリーカーを操った。


アガデスでの休息を終え、後半戦のネマ~チシットでのワンショットアガデスでの休息を終え、後半戦のネマ~チシットでのワンショット


後半戦はマリ~モーリタニア~セネガルを走ったのですが、自らハンドルを握ると、子どもの頃に自然と身につけたカウンターステアの感覚が蘇ってきて、うれしくなりました。走るステージはほとんど砂漠で、寝るのは砂漠の上でテント。車内の温度は50度以上、テントの中は氷点下と過酷で辛かったですが、とにかく楽しもうと思いました。実際、楽しかったです。ドライバーの浅賀さんから、「杉原さんはいつも笑顔だからホッとする」と言われましたしね。(杉原さん)


1月17日、セネガルの首都ダカールでゴールを迎えたパリ-ダカ。完走台数168台。杉原さんのチームは総合44位、クラス優勝(市販車改造T2)を果たした。ちなみに、この年の総合優勝はバタネン(シトロエン)だった。


ダカールでのゴールシーン。ボンネットに座っている左側がドライバーの浅賀敏則さん、その右が杉原さんだダカールでのゴールシーン。ボンネットに座っている左側がドライバーの浅賀敏則さん、その右が杉原さんだ


杉原さんのパリ-ダカは、この1回だけで終わった。当然、優秀な成績を収めたので、浅賀さんだけではなく、他のチームからもオファーがあったが、すべて断ったのだ。


もちろん、パリ-ダカにまた出たいとは思いましたが、そうすると今の仕事で自分のやりたいことができない。総合的に判断して、1回でスパっと辞めました。(杉原さん)


杉原さんはパリ-ダカ以降も意欲的にインテリアデザインの仕事をこなしている。1996年にドイツのwanzl社、2007年にイタリアのbencore社と日本エージェント契約を締結。その交渉などにはパリ-ダカで得た経験が活かされたという。




絶対に諦めないハート

欧州ではモータースポーツに対する理解が深く、ドライバーを敬う気持ちが強いんですね。私がパリ-ダカでクラス優勝したことを知ると、座礁しかけていた案件がスムーズに進行したりしました。デザイン面では具体的なカタチというよりも、考え方を学んだ気がします。


あとは絶対に諦めないハート。多くの人は90%くらいまで到達しているのに、最後の10%が辛くて諦めてしまうパターンが多いと思います。私は急遽、大阪芸大への進学を決めたり、無鉄砲とも思える就職試験に挑んだり、そして大してモータースポーツの経験もないのにパリ-ダカに挑戦したりと、チャレンジの連続でした。私は昔からできない理由を考えるより、できる方法を考えるんです。諦めたら終わりなんですよ。(杉原さん)


アクティオ本社レンサルティングスタジオ(ショールーム)の施工現場にて。杉原さんはデザインを担当したアクティオ本社レンサルティングスタジオ(ショールーム)の施工現場にて。杉原さんはデザインを担当した


実は杉原さん、アクティオ本社に新設したレンサルティングスタジオ(ショールーム)のデザインを担当している。プロジェクトはコロナ禍に進行したため、施工業者の離脱、資材の輸入遅延など、さまざまな困難に直面した。迫る納期......、時には杉原さん自らがトラックのハンドルを握り、大阪から東京まで資材を運んだこともある。ここでも諦めないハートが真価を発揮したのだ。


聞けば杉原さん、今はヨットに夢中とのこと。一昨年はヨットの全日本選手権(ドラゴン級)に出場したというから恐れ入る。地球を相手に全力で遊ぶ。そんな言葉が浮かんだ。

  • プロフィール画像 杉原裕明さん インテリアデザイナー〈インタビュー〉

    【PROFILE】

    杉原裕明(すぎはら・ひろあき)
    インテリアデザイナー
    1961年、兵庫県洲本市生まれ(淡路島)。大阪芸術大学デザイン学科インテリアデザイン専攻卒業後、株式会社船場東京設計事務所に入社。同社を2年で退社し、1985年にBauhausデザインファームを設立(東京都渋谷区)。商業施設、スポーツクラブ、エステティックサロン、ヘアーサロン、カフェアパレル等の設計を行う。1995年、阪神・淡路大震災で地元が被災したため、復興支援と共に仕事の拠点を関西に移転。同年、有限会社シーブ CEEVを設立。1996年にドイツのwanzl社、2007年にイタリアのbencore社と日本エージェント契約を結び、現在に至る。

連載/まとめ記事

注目キーワード

人物名インデックス

最新の記事

公開日順に読む

ページトップ