仕事道具はどう持ち運ぶ?

FEB 12, 2020

菅未里 仕事道具はどう持ち運ぶ?

FEB 12, 2020

菅未里 仕事道具はどう持ち運ぶ? モノを書くことを覚え始めた幼少期からずっと身近にあるペンやノートなどの文房具。いま改めてその世界を覗きこめば、使い心地、デザイン、遊び心やユニークさなど、驚くほど多様なアイテムがあり、進化をとげていることに驚かされます。連載「創造する人に役立つ文房具」では、文具ソムリエール菅未里さんに、数ある文具のなかから「使うことでクリエイティブな気持ちになれるアイテム」をご紹介いただきます。

カフェなどで仕事をするノマドやリモートワークはすっかり一般化しました。社員ごとの決まった席を持たない企業も増えているといいます。

自由な働き方ですが、問題になるのは仕事道具の持ち運び。引き出しやペンスタンドに入れておけませんから、持ち歩かなければいけません。しかも、単に持ち運ぶだけではだめです。新しい仕事場(席)に到着したら直ちに仕事道具を取り出して、そこに小さなオフィスを作り上げなければいけませんから、使い勝手の良さが問われます。




「バッグインバッグ」は小さなオフィス

そんなビジネスパーソンを意識したのでしょう、バッグの中に入れる「バッグインバッグ」が増えています。頻繁に使うアイテムをバッグインバッグに入れておけば、すぐに取り出せるというわけです。


「バッグインバッグ」は小さなオフィス

しかし今回紹介するバッグインバッグ「HINEMO スタンドポーチ」(リヒトラブ)の機能はそれだけではありません。L字型に自立するため、周囲と自分の仕事スペースを遮断する、ちょっとしたパーテーションとしても使えるのです。


バッグインバッグ「HINEMO スタンドポーチ」(リヒトラブ)バッグインバッグとしても優秀で、リバーシブルで、かつひっくり返した状態でもジッパーを綴じられるという凝った作りを採用しています。

オフィスの新しい机でもカフェでも、座ったらさっと取り出し、自分のスペースを作りましょう。多少騒がしい場所でも、高い創造力を発揮できるに違いありません。


オフィスの新しい机でもカフェでも、座ったらさっと取り出し、自分のスペースを作りましょう。

【ご紹介したアイテム詳細はこちら】
リヒトラブ「HINEMO スタンドポーチ」

  • プロフィール画像 菅未里

    【PROFILE】

    菅未里(かん・みさと)

    文具ソムリエール。
    大学卒業後、文具好きが高じて雑貨店に就職し文房具売り場担当となる。
    現在は、商品企画、売場企画、文房具の紹介、コラム執筆、企業コンサルティングなどの活動を行っている。
    著書に『私の好きな 文房具の秘密』(エイ出版)、『仕事を効率化する ビジネス文具』(ポプラ社)、『毎日が楽しくなる きらめき文房具』(KADOKAWA)、『文具に恋して。』(洋泉社)がある。
    過去の出演、掲載メディアなど活動実績/https://misatokan.jp/works
    イベント、近日出演予定のメディアなどNEWS/https://misatokan.jp/?post_type=news

公開日順に読む

人物名インデックス

最新の記事

記事分類

よく読まれている記事

タグ一覧

ページトップ