「ポストイット」は商標です

DEC 10, 2019

菅 未里 「ポストイット」は商標です

DEC 10, 2019

菅 未里 「ポストイット」は商標です 幼少期、モノを書くことを覚え始めた頃からずっと身近にあるペンやノート、消しゴムなどの文房具。いま改めてその世界を覗きこめば、使い心地、デザイン、遊び心やユニークさなど、驚くほど多様なアイテムがあり、進化をとげていました。「創造する人に役立つ文房具」はその中でも、使うことでクリエイティブな気持ちになれるようなアイテムを、文具ソムリエール菅未里さんにご紹介いただきます。

ふせんのことを「ポストイット」と呼ぶことがありますが、これが実は米国3Mによる商標であることをご存知でしょうか。正式には「ポスト・イット®」です。

3Mは、「貼って・剥がす」ことができる、いわゆるふせんを世界で最初に作った会社なのですが、おそらく説明は不要でしょう。「ふせん」と聞いて多くの方が思い浮かべるあの商品こそが3Mの「ポスト・イット®」だからです。



多様でクリエイティブな文房具

そのポスト・イット®は、実にクリエイティブな文房具です。タスクを整理するためのメモ、アイデア出し用のミニノート、本のしおり、手帳とセットにするメモ......などなど、さまざまな使い方ができるのです。

いわゆるふせんはポスト・イット®以外にもたくさん作られていますが、さすが元祖というべきか、ポスト・イット®は機能性でも一歩先を行っています。

たとえば粘着力。粘着力が弱いと、落ちてどこかに行ってしまう恐れがありますが、3Mの商品の粘着力は強力です。さらに、PCの画面や壁などの垂直な面に貼るための「強粘着」モデルも用意されています。

最近のリニューアルによってカラーバリエーションが増え、「仕事用」「プライベート用」などと使い分けがしやすくなりました。

また、意外と知られていませんが、サイズもたくさん用意されています。米国で一般的なのは75mm四方、つまり正方形のモデルなのですが、日本では細長い25mm×75mmが人気です。サイズは他にもたくさんありますから、まずは25mm×75mmを試してから大きくするなり小さくするなり、好みのものを探すとよいでしょう。ここまで幅広くサイズを取り揃えているのも、3Mくらいです。

25mm×75mmが人気

ティッシュペーパーのように片手で取り出せる「ポスト・イット® 強粘着ふせん/ノート ポータブルシリーズ ポップアップタイプ」も、多用する方にはお勧めです。

ポップアップタイプの詰め替え用ポップアップタイプの詰め替え用


ポスト・イット®はもともと、コミュニケーションとクリエイティブに主眼を置いて作られた文房具です。ご自分のスタイルに合った製品を、好きな方法で使い、日常を豊かにしてください。


【ご紹介したアイテム詳細はこちら】
ポスト・イット®プロダクト一覧

  • プロフィール画像 菅 未里

    【PROFILE】

    菅未里(かん・みさと)

    文具ソムリエール。
    大学卒業後、文具好きが高じて雑貨店に就職し文房具売り場担当となる。
    現在は、商品企画、売場企画、文房具の紹介、コラム執筆、企業コンサルティングなどの活動を行っている。
    著書に『私の好きな 文房具の秘密』(エイ出版社)、『仕事を効率化する ビジネス文具』(ポプラ社)、『毎日が楽しくなる きらめき文房具』(KADOKAWA)、『文具に恋して。』(洋泉社)がある。
    過去の出演、掲載メディアなど活動実績/https://misatokan.jp/works
    イベント、近日出演予定のメディアなどNEWS/https://misatokan.jp/?post_type=news

よく読まれている記事

連載/まとめ記事

注目キーワード

人物名インデックス

最新の記事

公開日順に読む

ページトップ