《まとめ》仲間と家族と。

APR 28, 2020

ペンネーム:熱帯夜 《まとめ》仲間と家族と。

APR 28, 2020

ペンネーム:熱帯夜 《まとめ》仲間と家族と。 家族という小さな共同体といっしょに、人はどのように生きてきたのか。昭和から平成へ、そして次代へ。市井の企業人として生きる男の、家族と生きた記録。自分に家族に、仲間に、ふいに訪れた人生の分岐点で、どんな選択をしてきたのか。決断の連続である人生で出会った大事な人やモノへの想いを綴ります。

息子の野球

息子の野球

FEB 12, 2019 真夏のように暑い5月の土曜日のこと。
夕方になって8歳の息子が、ユニフォームを泥だらけにして少年野球の練習から帰ってきた。いつもだったら「パパー!」と駆け寄ってくるのに、「ただいま」と素っ気ない。そのまま風呂に入り、しばらく出てこなかった。どうも様子がおかしい。
父と行った海辺

父と行った海辺

MAR 26, 2019 それが私が聞いた父の最後の言葉だった。
小学校の何時間目が終わったときだったかは定かではないが、教室に現れた教頭先生に職員室へ連れて行かれ、そこで「迎えの人が来るから早退して帰宅するように」と言われたことは憶えている。
父の教室

父の教室

APR 9, 2019 月並みであるが、私の中には父がいる。
私の父は、私が幼稚園生のころに三重県の某所で工場長をしていた。いわゆる単身赴任である。一年に何回か、私と姉は母に連れられて、東京から列車に乗り独り住まいの父の元に遊びにいった。
T君が教えてくれたこと

T君が教えてくれたこと

JUN 4, 2019 私は、社会人歴28年である。
広告会社は長らく、メディア、特に4マス媒体と言われたテレビ、ラジオ、新聞、雑誌の広告枠を得意先に売ったときのコミッションつまり手数料が利益の源泉だった。よっていかに良いメディアを仕入れるかが広告会社の良し悪しのバロメーターのようなところがあった。
姉の記憶

姉の記憶

JUL 23, 2019 私には4歳年上の姉がいた。記憶はとても薄い。
私は、姉には正直言って良い思い出があまりない。私は生まれつき健康で、運動に関してもなぜか飲み込みが早く、姉にとっては目の上のたんこぶだったのだと思う。そのせいか、私はことあるごとに姉に虐められていたような気がする。
最後の夏、最後のバッター

最後の夏、最後のバッター

OCT 1, 2019 バッターのフルスイングは空を切った。
最後のバッターに、相手高校のエースが、その日最速の151kmのストレートを投げ込む。渾身の一球が唸りを上げる。あっという間にキャッチャーミットに吸い込まれ、バッターのフルスイングは空を切った。ゲームセット。
ターニングポイントの出会い

ターニングポイントの出会い

JAN 7, 2020 「結果の出ない努力は、努力ではない」
息子は、とにかく努力をすること、そして努力を続けることこそが大切なのだと理解していたのである。これに対し、一見厳しく思える監督の言葉だが、ビジネスの世界に身を置く人間としては真理を突く言葉である。
私を創った人たちへ向けて

私を創った人たちへ向けて

MAR 3, 2020 1980年7月、テニスのウィンブルドン決勝。
ウィンブルドン4連覇中のビヨン・ボルグと、アメリカの新星ジョン・マッケンローとの死闘が始まっていた。はじめのうち私は何となく、5連覇がかかっているボルグを応援していたのである。
小学5年生の決断

小学5年生の決断

MAY 12, 2020 今回は人生の決断について書いてみようと思う。
息子が、考えていることがあると言って来たのである。それは、「チームを移籍したい」ということであった。これには驚いた。一瞬何を言っているのか分からなかった。青天の霹靂とはこのことである。
断片的な思い出

断片的な思い出

JUL 7, 2020 私は9歳の時に父と死別した。
彼との思い出を全部は書ききれないが、やはり断片的な思い出として、折々に私の頭に、心に現れる。その一つに、父が単身赴任していた三重県四日市市に、母と私で訪れていた日の記憶がある。
  • プロフィール画像 ペンネーム:熱帯夜

    【PROFILE】

    ペンネーム:熱帯夜(ねったいや)

    1960年代東京生まれ。公立小学校を卒業後、私立の中高一貫校へ進学、国立大学卒。1991年に企業に就職、一貫して広報・宣伝領域を担当し、現在に至る。

よく読まれている記事

連載/まとめ記事

注目キーワード

人物名インデックス

最新の記事

公開日順に読む

ページトップ