《まとめ》人生100年時代、「生き甲斐」を創る

APR 28, 2020

小田かなえ 《まとめ》人生100年時代、「生き甲斐」を創る

APR 28, 2020

小田かなえ 《まとめ》人生100年時代、「生き甲斐」を創る 読むとほのぼの和やかなに気持ちになる、と人気の小田かなえさんのエッセイです。少子高齢社会となった日本で、共同体の最小単位『家族』はどこへ向かうのか。人生100年時代に、「すべてのお年寄りに笑顔を」と願う60代の著者が超高齢の母との生活を綴ります。

公民館に生まれた小さな国際交流

公民館に生まれた小さな国際交流

FEB 20, 2019 母60歳、つぎつぎと習い事をはじめる。
我が家には現在94歳の母がいる。親知らず以外の歯がすべて揃っていて、ステーキでもスルメでも堅焼き煎餅でも食べる母である。「80歳まで20本の歯を残そう」という8020運動を軽くクリアしているため、献立を考えるのがラクで良い。
「何でもやってみる」人たち

「何でもやってみる」人たち

MAR 26, 2019 黒豆をピシャリ!と投げるハイカラ婆さん
大晦日に泣くほど怖いものを見てしまった。お正月の仕度で修羅場と化した台所でおせち料理を作っている母である。ピシャリ!ピシャリ!......コトコト湯気の上がる鍋に菜箸を突っ込み、指先で何かをつまんではクルリと振り向いて、食器棚のガラス扉めがけてソレを投げつける母。
人と人がつながって伝わる、懐かしの「味」

人と人がつながって伝わる、懐かしの「味」

MAY 14, 2019 アジの開きは骨まで美味しく食べましょう。
つい先日、知り合って間もない友人たちと旅行したときのこと。朝食に定番のアジの干物が出てきた。そのアジを美味しくいただいてふと目をあげたら、私の顔と手元のお皿を、友だち三人の視線が行ったり来たりしている。
30年前、母娘で共有した趣味と友達

30年前、母娘で共有した趣味と友達

JUL 2, 2019 老いた母が好きな猫と、山と、杖?
数日前のこと。母が自分の部屋で四つん這いになり、うなだれていた。両膝を揃えて床につけ、両腕を伸ばして手のひらも床に置き、ガックリと頭を下げている。落ち込んだ人の姿を表す顔文字そのものだ。何かショッキングなことでもあったのだろうか。
高齢者でも楽しめるバリアフリーな珍道中

高齢者でも楽しめるバリアフリーな珍道中

SEP 3, 2019 箱根でバッタリ、運命の出会い!?
母も亡き祖母も旅行好きで、私自身も子どもの頃からいろいろなところへ連れて行ってもらった。なかでも箱根は夏休みの定番だった。祖父母と母、そして私の4人で、馴染みの宿に1週間ぐらい滞在する。毎年欠かさぬ恒例行事で、旅行中の会話まで前の夏と同じになってしまう。
超高齢者だって音楽を聴きたいに決まってる。

超高齢者だって音楽を聴きたいに決まってる。

NOV 6, 2019 オーディオが、ご近所付き合いに一役買った
30年も前のことだが、私は母の公民館仲間に頼まれ、手持ちのレコードから曲を選んでカセットテープにダビングすることがあった。アルバムを丸ごと入れるのではなく、彼女たちが語るイメージに合わせたオーダーメイドである。
老後を楽しく心地良く! 秘訣は小さなお洒落心

老後を楽しく心地良く! 秘訣は小さなお洒落心

DEC 3, 2019 母、逆さ言霊にやられる
言葉にはチカラが宿っているので、良いことを口にすれば願いが叶うけれど、ネガティブなことを喋るのは縁起が悪い。それだけではなく逆さ言霊というものもあり、うっかり「自分は胃腸が強い」などと自慢しようものなら、天罰のごとく数日内にお腹を下したり胃が痛くなったりするのだ。
ルーティンは楽しい

ルーティンは楽しい

FEB 5, 2020 自然発生する理由なき習慣
ルーティンは日課や習慣化を意味する言葉。「ルーティンワークをこなす」というような使いかたをするため、なんとなく業務上のノルマ感が漂うが、実は日常生活のあらゆる場面に個人的かつ独自のルーティンが存在する。
オーバー90女子の『恋バナ』はいかが?

オーバー90女子の『恋バナ』はいかが?

MAR 24, 2020 タマコさんの大恋愛
お正月明けのある日、母の部屋で電話が鳴った。電話が鳴ると私は一応、聞き耳を立てる。母専用の固定電話にかけてくる相手は、限られた友人と親戚だけ。たまにセールスもある。それは本人が、毅然と......ではなく高齢を武器にヘラヘラと断っている。
「大正生まれ女子」も熱中したグルメとレジャー

「大正生まれ女子」も熱中したグルメとレジャー

MAR 24, 2020 戦前の丸の内OLは......
OLという言葉はBG(ビジネスガール)に代わる呼び名として1963年に女性週刊誌が公募し、読者投票で26000件以上の中から選ばれた造語である。その後、大企業が集まった丸の内に勤務する女性社員、いわゆる「丸の内OL」は、さまざまな流行をいちはやく取り入れて人生を謳歌するカッコいい女性たちの代名詞となっていった。
  • プロフィール画像 小田かなえ

    【PROFILE】

    小田かなえ(おだ・かなえ)

    日本作家クラブ会員、コピーライター、大衆小説家。1957年生まれ、東京都出身・埼玉県在住。高校時代に遠縁の寺との縁談が持ち上がり、結婚を先延ばしにすべく仏教系の大学へ進学。在学中に嫁入り話が立ち消えたので、卒業後は某大手広告会社に勤務。25歳でフリーランスとなりバブルに乗るがすぐにバブル崩壊、それでもしぶとく公共広告、アパレル、美容、食品、オーディオ、観光等々のキャッチコピーやウェブマガジンまで節操なしに幅広く書き続け、娯楽小説にも手を染めながら、絶滅危惧種のフリーランスとして活動中。「隠し子さんと芸者衆―稲荷通り商店街の昭和―」ほか、ジャンルも形式も問わぬ雑多な書き物で皆様に“笑い”を提供しています。

よく読まれている記事

連載/まとめ記事

注目キーワード

人物名インデックス

最新の記事

公開日順に読む

ページトップ